屋外タンクの浮き屋根耐震機能の強化について Enhancement of Earthquake-Resistant Function of Floating Roof Oil Storage Tank

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>平成15 年十勝沖地震に伴い発生した浮き屋根式屋外タンクの2 件の火災は,大型屋外タンクの今後の耐震対策に関し大きな課題を提起した. 事故後に行われた調査検討により,やや長周期地震動による浮き屋根損傷のメカニズムが明らかにされるとともに必要な耐震対策が整理され,消防法令の改正に基づいた浮き屋根の耐震機能強化が進められることとなった.本稿では,これら検討成果の概要について解説する.</p>

収録刊行物

  • 安全工学  

    安全工学 45(2), 72-77, 2006-04-15 

    安全工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018132741
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    7929084
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ