化学物質のリスク評価システム「Risk Manager」について Chemical Risk Assessment System, "Risk Manager"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>化学物質の安全性に関する社会的関心が高まる中,(社)日本化学工業協会(日化協)では多くの関係者が利用できる標準的・体系的リスク評価システム開発事業をNEDO から受託し,その成果として新リスク評価システム「<i>Risk Manager</i>」を完成させて2005 年1 月にリリースした.本システムは事業所周辺住民や作業員が受ける健康リスクや,事故時におけるヒトへの被害リスク等を定量的に評価することができる.システムは非常に便利だが,あくまでも「道具」であるので,リスク評価者はノウハウ等を十分蓄積しながらこの道具を使いこなすことが肝要である.</p>

収録刊行物

  • 安全工学  

    安全工学 45(2), 78-84, 2006-04-15 

    安全工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018132742
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    7929089
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ