機械作業従事者・管理者のリスク認識とリスクコミュニケーションの実態 : アンケート調査の結果と考察 Present Circumstances of Risk Perceptions of Machine Operators and Staffs and Related-Risk Communications : Results of Questionnaire Survey and Discussions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>プレス機械作業等における安全確保には,作業のリスクについての正しい情報が作業者に伝えられ,また作業者,管理者および工作機械等の設計者が共通の認識を有していることが必要である.そこで,本研究では,これらの作業者,管理者および設計者にアンケート調査を行い,職場でのリスクの感じ方やリスク情報の伝達について調べた.その結果,年齢が高まるほど職場のリスクを小さくとらえる割合が増加し,管理者は作業者よりもリスクを小さく見積もる傾向があった.また,中小規模の会社では,職場の安全性が不十分と考えていることが明らかになった.さらに,リスク情報については必ずしも十分ではなく,工作機械等のメーカーからの情報は活用されている割合が低いことがわかった.本研究では,これらを踏まえ安全性向上のための提言をした.</p>

<p>For achievement of safer work, it is fundamentally important that risks should be informed to the operators correctly and common risk perception should be held between operators, staffs and machine designers. From this viewpoint, the present study concerns safety of machine operation in the field of manufacturing. Based on questionnaire survey, it is analyzed how the operators, staffs and machine designers perceive and communicate risks of the machinery. Then, the followings are obtained:The risks in machine operation are perceived smaller by senior operators, and the staffs estimate the risks smaller than the operators. The operators and the staffs in small and medium-sized enterprises tend to think that their machines are not always safe for operation. In addition, risk information from machine ―makers is not necessarily available. Those analyses of the issues result in the authors'proposal to establish some schemes for improvement.</p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 45(2), 85-92, 2006-04-15

    安全工学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018132743
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    7929104
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ