産業安全研究所の安全衛生管理 Safety and Health Management on the National Institute of Industrial Safety

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>かつて国立研究機関や国立大学であった独立行政法人は,平成13 年4 月以降,労働安全衛生法に基づいて安全衛生管理を行っている.しかし,同法は最低基準を定めるに過ぎないもので,管理の一層の充実を図るには安全衛生基本計画の策定や本質的安全設計方策及び安全防護の採用をはじめとする自主的管理活動が必要である.また,今後望まれる独立行政法人の安全衛生管理は,労働安全衛生だけでなく製品安全,環境,防災,セキュリティなども含めた総合科学としての体系を整える必要がある.この体系で特に重要なのが当該技術体系の原理・原則であり,この確立には各分野の専門家が参画した徹底した討論が必要である.以上のような構想で安全衛生管理が再構築されたとき,この体系を尊重し習得しようというインセンティブが研究者に働き,形骸化を防ぐことができるであろう.</p>

収録刊行物

  • 安全工学  

    安全工学 45(2), 98-103, 2006-04-15 

    安全工学会

参考文献:  7件

被引用文献:  1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018132753
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    7929119
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ