発達障害児者の医療機関受診とバリアフリーの重要性 : 障害者人間ドックの試み Importance of Barrier-Free Service for the Person with Developmental Disorder Visiting the Medical Agency : A Trial of Human Dock for the Impaired Person

この論文をさがす

著者

    • 大屋 滋 OYA S.
    • 旭中央病院脳神経外科, 社団法人日本自閉症協会 千葉県支部

収録刊行物

  • 発達障害研究 = Japanese Journal on Developmental Disabilities  

    発達障害研究 = Japanese Journal on Developmental Disabilities 28(1), 23-27, 2006-02-28 

    日本発達障害学会

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018139723
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00205281
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03879682
  • NDL 記事登録ID
    7918141
  • NDL 雑誌分類
    ZS31(科学技術--医学--精神神経科学) // ZS2(科学技術--心理学) // ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL 請求記号
    Z19-1013
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ