保健所におけるHIV即日検査導入の試みとその効果 INTRODUCTION OF RAPID HIV TESTS TO A PUBLIC HEALTH CENTER IN JAPAN AND EVALUATION OF ITS EFFECTS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<b>目的</b> HIV 検査をより受けやすくするための試みの一つとして,検査を受けたその日に HIV スクリーニング検査結果を通知する「HIV 即日検査」を保健所の HIV 検査に導入し,その効果と実施に伴う問題点等を明らかにするため研究を行った。<br/><b>方法</b> 栃木県県南健康福祉センターにおいて2003年 1 月より,通常の HIV 検査と平行して試験的に即日検査を導入し,即日検査導入前・後の受検者数や受検者層等の比較,また対照として選択した他保健所の HIV 検査受検者数の動向と比較し,即日検査の効果と影響について検討した。即日検査実施の情報についてはホームページ「HIV 検査・相談マップ」に掲載し,その効果についても検討した。<br/><b>結果</b> 栃木県県南健康福祉センターにおける HIV 検査数は,即日検査導入前の2002年は130件であったのに対し,即日検査導入後の2003年は453件と3.5倍に増加した。また,そのうちの94%が即日検査を希望した。即日検査404件中 5 件がスクリーニング検査陽性となり,確認検査の結果,1 例が HIV 陽性,4 例が偽陽性(偽陽性率 1%)と判定された。<br/> HIV 検査と同時に実施している性感染症検査の受検率は,即日検査の導入後には梅毒抗体検査(即日結果通知可)が77%から63%に,性器クラミジア抗体検査(即日結果通知不可)が76%から33%に減少したが,HIV 受検者が大幅に増加したため,受検者実数としては増加した。受検者へのアンケート調査結果から,受検者の61%がホームページ「HIV 検査・相談マップ」をみて受検していることが分かった。<br/> 同時期における即日検査を導入していない栃木県内の他保健所の HIV 検査数の増加率は0.9~1.0倍,全国保健所 HIV 検査件数の増加率は1.2倍であった。<br/><b>結論</b> 即日検査は受検者にとって需要の高い検査であり,保健所 HIV 検査への即日検査導入は HIV 受検者数の増加に繋がる可能性の高いことが分かった。また,ホームページに「HIV 検査・相談マップ」よる継続的な情報提供が受検者増に有効であることが分かった。<br/> しかしながら,HIV 迅速検査キットの偽陽性率が約 1%と高いため,検査前・後の説明やスクリーニング検査陽性者へのサポート体制が重要となること,また,即日検査と性感染症検査とを同時に実施する場合には,性感染症検査の受検率の低下を抑えるための対策が必要となる等の課題も明らかとなった。

<b>Objective</b> As an attempt to make HIV testing more accessible to many people, rapid HIV tests were introduced to a public health center. We evaluated logistic issues and effects of the introduction.<br/><b>Methods</b> In January 2003, the Tochigi Prefectural Kennan Public Health and Welfare Center introduced rapid HIV tests simultaneously with conventional HIV tests. We studied the number and types of the clients before and after its introduction as well as comparing them with those of other public centers. Information on rapid HIV test practices was uploaded on the website, "HIV Kensa-Soudan Map" and its effects were also evaluated.<br/><b>Results</b> The public health center had performed 130 conventional HIV tests in 2002 prior to the introduction of rapid HIV tests but performed 453 HIV tests in 2003 (250% increase). Of those, 404 clients (94%) preferred the rapid tests. Out of the 404 rapid HIV tests performed, five were tested positive but only one was confirmed to be positive (false positive rate 1%).<br/> The introduction of rapid HIV tests had a negative impact on other sexually transmitted infection (STI) tests. The access rates to TP antibody tests (rapid tests) and Chlamydia antibody tests (non rapid tests) offered to HIV test recipients declined from 77% to 63% and from 76% to 33%, respectively. However, the actual number of these STI tests increased due to the increased number of HIV tests.<br/> Sixty-one per cent of those who came to take the HIV tests referred to the website "HIV Kensa-Soudan Map". During the same time period, the increase rate in the number of those who took the non rapid HIV tests provided at other public health centers in Tochigi prefecture was 0% and the increase rate nationwide was 20%.<br/><b>Conclusions</b> The introduction of these tests to public health centers greatly increases access to HIV testing. It was found that the website "HIV Kensa-Soudan Map" was a useful information source for HIV testing.<br/> However, because of high false positive rate (about 1%), it is important to establish an effective pre- and post-test counseling system. It is also necessary to prevent the number of tests for other STIs from declining when rapid HIV tests are implemented simultaneously.

収録刊行物

  • 日本公衆衛生雑誌 = JAPANESE JOURNAL OF PUBLIC HEALTH  

    日本公衆衛生雑誌 = JAPANESE JOURNAL OF PUBLIC HEALTH 53(3), 167-177, 2006-03-15 

    Japanese Society of Public Health

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018140422
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189323
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05461766
  • NDL 記事登録ID
    7882336
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-216
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ