知覚変容発作に関する研究 : 抗精神病薬の副作用とする立場から chikaku henyo hossa ni kansuru kenkyu : koseishinbyoyaku no fukusayo to suru tachiba kara

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

学位論文方法(1)罹患率および処方傾向に関する検肘(横断研究)(2)非統合失囲症患者で知覚変容発作を有する患者の症状の検討(3)抗精紳病薬の減量が本発作に与える影響の検討(縦断研究)結果(1)罹患率および処方傾向に関する検討(横断研究)(2)非統合失胴症患者で知覚変容発作を有する患者の症状の検討(3)抗精神病薬の減量が本発作に与える影響の検討(縦断研究)考察(1)罹患率と処方との関連(2)眼球上転発作との関連(3)診断との関連(4)薬物減量との関連(5)予測されるメカニズム(6)限界(7)治療方法総括

収録刊行物

  • 慶應醫學  

    慶應醫學 83(2), T23-T32, 2006-06-25 

    慶應医学会

参考文献:  32件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018142314
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00069296
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03685179
  • NDL 記事登録ID
    8007322
  • NDL 雑誌分類
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-131
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ