東方インドネシアにおけるSRI稲作の経験と課題 Lessons Learned from 4 Years Experience of SRI Paddy Cultivation in Eastern Indonesia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐藤 周一 SATO Shuichi
    • 日本工営株式会社海外コンサルティングカンパニー Overseas Consulting Administration, Nippon Koei Co., Ltd.

抄録

イネの大幅な単収増加をもたらす低投入持続的稲作技術であるSRI (<i>System of Rice Intensification</i>) は、1983年にマダガスカルで発明され、1999年以降広く世界で知られるようになった。SRI稲作の基本原則は、移植の際に乳苗を広い間隔で一本植えし、間断灌漑を行うことである。これまでに約20カ国で実証試験が行われ、多くの発展途上国で普及が進んでいる。東方インドネシアの灌漑農業開発を支援する円借款プロジェクト・小規模灌漑管理事業では、2002年からSRIを導入し、イネの増収を図り農民の所得向上を実現してきた。プロジェクト関係者の普及指導の下、4年間の通算で1,849農家1,364haの灌漑水田でSRIが実施された。その結果、平均モミ収量は慣行稲作 (対照区) では3.9トン/ha、SRI区では7.2トン/haであり、84%の増収を記録している。SRIではインドネシアの慣行稲作に比べて、灌漑用水量が約40%減り、肥料・農薬は半減し、生産費は25%以上節減できる。SRIは農民の所得を大幅に増やす。SRIでは慣行稲作に比べて水管理や除草の労力が増えるが、所得増大の強いインセンティブが働くため農民は実行する。このようにSRIの効果は確実であるものの、一方、SRIの理論的な解明は未だ行われていないため、施肥や水管理などの具体的な実施方法は、地区毎に試行錯誤で決めているのが現状である。今後、研究が進展しSRIの増収理論の解明に基づいた最適な技術体系が確立し、SRIの普及がさらに大きく進展することを期待したい。

The System of Rice Intensification (SRI) was developed in Madagascar in 1983 as a revolutionary paddy cultivation method to achieve very high paddy yields with reduced resources such as irrigation water, fertilizer and chemicals. Recently SRI planting tests have been done in about 20 countries, and SRI planting areas have been expanding in many developing countries. Over the past four years, a Japanese-funded irrigation project in Eastern Indonesia has evaluated the SRI to assess its potential to reduce resources utilization while rewarding farmers with higher production and incomes. This paper reports the results and conclusions from this assessment. In summary, comparison trials managed by 1, 849 farmers on 1, 364ha and supervised by project staff have given an average SRI yield of 7.2t/ha compared to 3.9t/ha with conventional methods, an 84% increase. Water saving has been assessed to be around 40%, with reduction of 50% for utilization of fertilizer and chemicals, and accompanied by in costs of production per hectare of >25%. The economic attractiveness of SRI methods is very great, giving farmers strong incentive to accept increase of burden for water management and weeding. At present, actual practice of SRI such as intermittent irrigation cycle and way of fertilizer application have been determined based on trial and error. Systematic research and analysis on phenomenon of SRI effects are not enough, and this has restricted the smooth extension of SRI. Research and analysis on SRI effects are necessary to strengthen SRI as a real technology and further extension.

収録刊行物

  • 根の研究 = Root research  

    根の研究 = Root research 15(2), 55-61, 2006-06-28 

    Japanese Society for Root Research

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018142934
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11272904
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09192182
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ