古人骨の化学分析による先史人類学 : コラーゲンの同位体分析を中心に Review on the Bone Chemistry for Prehistoric Anthropology

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 米田 穣 YONEDA Minoru
    • 東京大学大学院新領域創成科学研究科先端生命科学専攻 Department of Integrated Biosciences, Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo

抄録

古人骨の化学分析に基づいた食性復元は1970年代から盛んになり,今日では数多くの応用研究が行われている。しかし,その方法論には,いくつかの解決せねばならない問題がある。例えば,生体内におけるコラーゲンの同位体比の変動や,生態系全体に影響を及ぼす植物の炭素・窒素同位体比の変動などである。また,コラーゲンやアパタイトの同位体比における続成作用についても検討が必要だ。これらの問題を中心に最近の研究を紹介し,古人骨の化学分析に基づく先史人類学の現状と展望を議論する。<br>

The dietary reconstruction based on stable isotopes and trace elements have been adapted for the excavated human remains since 1970's. However, the methodology have some uncertainties to be overcome. In this paper, we review the following issues; the fluctuation on the isotopic shift between dietary protein and collagen, the fluctuation on the primary isotopic values in a specific ecosystem, and the diagenetic effects on collagen and apatite. The status and perspective of the prehistoric anthropology by bone chemistry will be discussed.<br>

収録刊行物

  • Anthropological science. Japanese series : journal of the Anthropological Society of Nippon : 人類學雜誌  

    Anthropological science. Japanese series : journal of the Anthropological Society of Nippon : 人類學雜誌 114(1), 5-15, 2006-06-01 

    The Anthropological Society of Nippon

参考文献:  108件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018145146
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11307827
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13443992
  • NDL 記事登録ID
    8009398
  • NDL 雑誌分類
    ZS1(科学技術--人類学)
  • NDL 請求記号
    Z19-11
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ