CT画像による近代日本人上顎洞の形態に関する研究 The Morphology of Maxillary Sinus in Modern Japanese with the Use of CT Image

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 松野 昌展 MATSUNO Masanobu
    • 日本大学松戸歯学部解剖人類形態学講座 Department of Anatomy and Physical Anthoropology, Nihon University School of Dentistry
    • 金澤 英作 KANAZAWA Eisaku
    • 日本大学松戸歯学部解剖人類形態学講座 Department of Anatomy and Physical Anthoropology, Nihon University School of Dentistry

抄録

本研究は頭蓋のX線CT(Computed Tomography)画像から上顎洞の形態やサイズを計測し,分析を行なったものである。近代日本人女性乾燥頭蓋42体84側(平均年齢38.9歳)を資料として,CT装置による撮影を行ない,得られた画像から画像解析ソフトによる上顎洞の前後径,高径,幅径,体積の計測を行ない,本研究と同様の機器・手法で行われた同時代の日本人男性乾燥頭蓋に関する計測結果(野木・金澤,2001; 野木,2002)との比較を行なったところ,前後径,高径,体積の各項目において,男性の上顎洞よりも女性の上顎洞のほうがサイズは小さかった。主成分分析を行ったところ,上顎洞の大きさの変異は第1主成分のサイズファクターで説明されることがわかった。頭蓋の直接計測値との相関については,体積が顔長,頭蓋最大幅,上顔高との正の有意な相関があり,前後径と頭蓋最大長,高径と顔長に有意の相関がみられた。上顎洞底部の形態を大きく3つのタイプ,「ラウンド型」「フラット型」「イレギュラー型」に分類したところ,ラウンド型は他のタイプと比較して全体の体積が小さく,イレギュラー型は大きかった。年齢や歯の残存状態と上顎洞のサイズとの関係をみていくと,20歳代,完全歯列の上顎洞はサイズが最大で,50歳以上,無歯顎へと移行していくにしたがってサイズは減少していった。<br>

This study was carried to investigate the morphometry of the maxillary sinus and the three dimensional relationship between the maxilla and the maxillary sinus with the use of Computed Tomography (CT) images. Materials used were dry skulls of 42 modern Japanese female skulls (average age of 38.9) housed in the University Museum of the University of Tokyo. CT scanning images of the maxillary sinus were measured by calibrated software program, CT Rugle. The length, width, height, and volume of the sinus were measured. It was observed that differences between left and right sinuses, were larger than those seen in other parts of the body; the size of the sinus had correlations with other skeletal measurements. The shape of the sinus base was subjectively grouped into three types, i.e., round type, flat type and irregular type. The round type of sinus floor was associated with small sinuses, whereas the irregular types were associated with lager sinuses. The female sinus was significantly smaller than that of the male in length, height, and volume. The size of the maxillary sinus of individuals with complete set of teeth was found largest at 20 years of age, and it is reduced as the age increases to 50 or more.<br>

収録刊行物

  • Anthropological science. Japanese series : journal of the Anthropological Society of Nippon : 人類學雜誌  

    Anthropological science. Japanese series : journal of the Anthropological Society of Nippon : 人類學雜誌 114(1), 35-43, 2006-06-01 

    The Anthropological Society of Nippon

参考文献:  34件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018145342
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11307827
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13443992
  • NDL 記事登録ID
    8009446
  • NDL 雑誌分類
    ZS1(科学技術--人類学)
  • NDL 請求記号
    Z19-11
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ