化学物質と健康 : 胎仔期および授乳期ダイオキシン曝露によるラット甲状腺過形成とその毒性メカニズム Mechanism responsible for hyperplasia of rat thyroid induced by gestational and lactational exposure to 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin

この論文をさがす

著者

    • 西村 典子 NISHIMURA Noriko
    • (独)国立環境研究所 環境ホルモン・ダイオキシン研究プロジェクト健康影響研究室 National Institute for Environmental Studies (NIES), Endocrine Disruptors and Dioxin Research Project, Health Effect Research Lab.

収録刊行物

  • 生物物理化学 = Journal of Electrophoresis  

    生物物理化学 = Journal of Electrophoresis 50(2), 53-58, 2006-06-15 

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018150455
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00129729
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00319082
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ