アテトーゼ型脳性麻痺患者に伴う頚髄症に対する頚部脊柱管拡大術の成績 Surgical outcome of cervical expansive laminoplasty in patients with cerebral palsy

この論文をさがす

著者

    • 安田 剛敏 YASUDA Taketoshi
    • 富山医科薬科大学医学部整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery, Faculty of Medicine, Toyama Medical and Pharmaceutical University
    • 川口 善治
    • 富山医科薬科大学医学部整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery, Faculty of Medicine, Toyama Medical and Pharmaceutical University
    • 金森 昌彦
    • 富山医科薬科大学医学部整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery, Faculty of Medicine, Toyama Medical and Pharmaceutical University
    • 石原 裕和
    • 富山医科薬科大学医学部整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery, Faculty of Medicine, Toyama Medical and Pharmaceutical University
    • 木村 友厚
    • 富山医科薬科大学医学部整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery, Faculty of Medicine, Toyama Medical and Pharmaceutical University

収録刊行物

  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 49(3), 445-446, 2006-05-01 

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018166157
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00146397
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00089443
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ