頚椎椎弓形成術後15年に移植遊離脂肪によって背髄圧迫を生じた1例 Cervical spinal cord compression caused by autologous free fat grafted in the previous laminoplasty. A case report

この論文をさがす

著者

    • 東野 恒作 HIGASHINO Kosaku
    • 徳島大学大学院運動機能外科学 Department of Orthopedics, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School
    • 加藤 真介
    • 徳島大学大学院運動機能外科学 Department of Orthopedics, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School
    • 酒井 紀典
    • 徳島大学大学院運動機能外科学 Department of Orthopedics, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School
    • 小坂 浩史
    • 徳島大学大学院運動機能外科学 Department of Orthopedics, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School
    • 安井 夏生
    • 徳島大学大学院運動機能外科学 Department of Orthopedics, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School

収録刊行物

  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 49(3), 457-458, 2006-05-01 

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018166190
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00146397
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00089443
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ