外傷性四肢骨折術後に早期から超音波骨折治療器を用いた治療経験 Therapeutic experience of LIPUS early used for postoperative extremital fractures

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 角南 浩史
    • 川崎医科大学整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery, Kawasaki Medical School
    • 仁井谷 学
    • 川崎医科大学整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery, Kawasaki Medical School
    • 長谷川 健二郎
    • 川崎医科大学整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery, Kawasaki Medical School
    • 三河 義弘
    • 川崎医科大学整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery, Kawasaki Medical School

収録刊行物

  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 49(3), 547-548, 2006-05-01 

    THE CENTRAL JAPAN ASSOCIATION OF ORTHOPAEDIC SURGERY AND TRAUMATOLOGY

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018166433
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00146397
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00089443
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ