蛸壷型心筋症による心原性ショックに対しPCPSを施行し救命し得た1症例

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

【要旨】蛸壷型心筋症は,左室心尖部の無収縮と心基部のみが収縮する心筋機能障害である。その心筋機能障害は可逆性であり予後は良好である。今回我々は,開心術術後に発症した蛸壷型心筋症による心原性ショックに対し,PCPSを施行し救命に至った症例を経験したので報告する。症例は53歳,女性。僧帽弁置換+MAZE手術後,手術室にて抜管しICUに入室した。術後第1病日にECG上で広範なST上昇,QT延長,低心拍出量症候群を認め,急性心筋梗塞疑いにて緊急冠状動脈造影施行。有意狭窄は認めなかった。冠状動脈造影後の心臓超音波検査にて蛸壷型心筋症と診断された。薬物療法,IABPの補助は効せず,遷延する低心拍出量症候群に対しPCPSを開始。PCPS開始3日目より心機能の回復が見られ,6日後にPCPSを離脱した。PCPS時間は134時間30分であった。本症例に対し,PCPSによる補助循環は多臓器不全への移行を防ぎ,救命することが可能であった。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology  

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 33(2), 163-165, 2006-06-01 

    The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018166771
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1020635X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09122664
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ