人工心肺記録システムの検討

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

現在医療の現場において電子化が進み,電子カルテやオーダリングシステムなどが普及しつつあり,当院においても本年4月に日本光電社製手術部支援システムCAP-2500(CAP)を採用し,体外循環記録の電子記録導入となった。そこで今回,既存の記録用紙に筆記で記入する方法とパソコンでCAPに入力する方法の時間を比較し,記録の電子化による利点と問題点の検討を行った。CAP導入によって術中のバイタルや送脱血温,送血流量,血液ガスデータなどの自動取り込みと,水納計算の自動化などにより筆記に比べ記録時間が短縮された。CAP導入時,両者間において体外循環中の記録時間はさほど変わらなかったが,3ヵ月後には慣れによりCAPの記録時間は約半分に短縮され,CAPの使用により体外循環中の記録に費やす時間は省力化された。課題として,コンピュータの不意な故障時などの対策が残った。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology  

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 33(2), 188-190, 2006-06-01 

    The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018166803
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1020635X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09122664
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ