前立腺・精嚢全摘をともなう直腸切断術を施行した肛門管扁平上皮癌の1例 Combined Radical Retropubic Prostatectomy and Abdominoperineal Resection for Locally Invasive Squamous Cell Carcinoma of the Anal Canal

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 箕畑 順也 MINOHATA J.
    • 愛知県がんセンター消化器外科 Department of Gastroenterological Surgery, Aichi Cancer Center Hospital
    • 平井 孝 HIRAI T.
    • 愛知県がんセンター消化器外科 Department of Gastroenterological Surgery, Aichi Cancer Center Hospital
    • 小森 康司 KOMORI K.
    • 愛知県がんセンター消化器外科 Department of Gastroenterological Surgery, Aichi Cancer Center Hospital
    • 金光 幸秀 KANEMITU Y.
    • 愛知県がんセンター消化器外科 Department of Gastroenterological Surgery, Aichi Cancer Center Hospital
    • 加藤 知行 KATO T.
    • 愛知県がんセンター消化器外科 Department of Gastroenterological Surgery, Aichi Cancer Center Hospital

抄録

前立腺にのみ直接浸潤が疑われた肛門管扁平上皮癌の症例に対し前立腺・精嚢全摘をともなう直腸切断術を行った.症例は68歳男性.血便,排便困難を主訴に前医を受診し肛門管扁平上皮癌と診断された.体外照射(40Gy)を行ったが腫瘍の残存を認めたため手術を行った.術中所見にて前立腺精嚢にのみ直接浸潤が疑われたため直腸切断術に加え前立腺・精嚢全摘術を施行した.術後15日目に膀胱尿道吻合部の縫合不全を認めたが,保存的治療により軽快した.術直後は夜間の尿失禁を認めたが徐々に軽快し,良好なQOLを得ることができた.本術式は確実なsurgical marginの確保と術後排尿機能温存に有用な一法であると思われた.

A case of locally advanced squamous cell carcinoma of the anal canal who underwent combined radical retropubic prostatectomy and abdominoperineal resection is reported. A 68-year-old male was diagnosed as squamous cell carcinoma of the anal canal, with prostate invasion. At first external irradiation was given (40Gy), but he had a persistent tumor after irradiation. Then, he underwent combined radical prostatectomy and abdominoperineal resection. An anastomotic leakage between the bladder neck and the urethra occurred but since the anastomotic leakage healed, the patient has voided satisfactorily except for nocturnal incontinence which has gradually decreased over time.

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 59(5), 265-269, 2006-05-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018167424
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ