低位筋間痔瘻に対する針型電気メス使用による括約筋温存術の有用性 The Feasibility of Needle-type Electrocauterizer for Sphincter-preserving Operation on Lower Intrasphincter Fistula

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

平成15年4月から16年3月までの期間に側方と前方のIILSに対して,針型電気メスを使用して温存術(電気メス温存法)を行った48例を対象とし,以下の結果を得た.1.再発は4例(8.3%)で,従来の温存術(89例)では7例(7.9%)であった.従来の方法による温存術が少ない傾向にあったが,両群間で有意差はなかった.2)次に手術の簡易性の基準として手術時間で電気メス温存法と従来の温存術を比較した.従来の温存術の手術時間は16~31分で平均21分であった.しかし電気メス温存法では原発口の確認後は同部の焼却のみで原発口の処理が終了するために原発口の処理に要する手術時間が大幅に短縮し,しかも症例間の差も認めず,手術時間は7~12分平均10分で従来の方法に対して有意に短かった(p<0.05).3)熱による影響を調べるために治癒期間で従来の方法と比較すると,従来の方法では25~45日で,平均治癒日数は35日であった.一方電気メス使用による方法は27~46日で平均治癒日数は37日で,両群間で有意差は認めなかった.

We evaluated 48 cases of lateral and anterior lower intrasphincter fistula that underwent sphincter-preserving operation (electrocauterizer sphincter-preserving operation) utilizing a needle-type electrocauterizer between April 2003 and March 2004. 1) Recurrence occurred in 4 cases (8.3%), while that of conventional sphincter-preserving operation (89 cases) was 7 cases (7.9%). 2) To determine the feasibility we compared the operative time between the electrocauterizer sphincter-preserving operation and conventional sphincter-preserving operation. The conventional operation took 16-31 minutes (mean : 21 minutes) ; the electrocauterizer operation took 7-12 minutes (mean : 10 minutes) ; the operative time in the electrocauterizer operation was significantly shorter than that of the conventional operation. 3) To determine the effect of the heat, we compared the cure period between the two groups. The conventional operation took 25-45 days (mean : 35 days) ; the electrocauterizer operation took 27-46 days (mean : 37 days).

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 59(4), 186-191, 2006-04-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018167485
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ