左室拡張機能障害に β-blocker が著効した双胎間輸血症候群受血児の1例 A case of twin to twin transfusion syndrome that was successfully treated with β-blocker for left ventricular diastolic dysfunction

この論文をさがす

著者

    • 永田 多恵子 NAGATA Taeko
    • 大阪府立母子保健総合医療センター 新生児科 Department of Neonatology, Osaka Medical Center and Research Institute for Maternal and Child Health
    • 稲村 昇 INAMURA Noboru
    • 大阪府立母子保健総合医療センター 小児循環器科 Department of Pediatric Cardiology, Osaka Medical Center and Research Institute for Maternal and Child Health
    • 白石 淳 SHIRAISHI Jun
    • 大阪府立母子保健総合医療センター 新生児科 Department of Neonatology, Osaka Medical Center and Research Institute for Maternal and Child Health
    • 北島 博之 KITAJIMA Hiroyuki
    • 大阪府立母子保健総合医療センター 新生児科 Department of Neonatology, Osaka Medical Center and Research Institute for Maternal and Child Health

収録刊行物

  • 日本未熟児新生児学会雑誌 = Journal of Japan Society for Premature and Newborn Medicine  

    日本未熟児新生児学会雑誌 = Journal of Japan Society for Premature and Newborn Medicine 18(2), 71-74, 2006-06-10 

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018170289
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10488047
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13478540
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ