膠原病における抗核抗体の産生機序とその病原性 The mechanisms of antinuclear antibody production and its pathogenicity in systemic autoimmune diseases

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 藤井 隆夫 FUJII Takao
    • 京都大学大学院医学研究科内科学講座臨床免疫学 Department of Rheumatology, and Clinical Immunology Graduate School of Medicine, Kyoto University

抄録

  抗核抗体の検出は,膠原病の診断,活動性あるいは予後評価をする上できわめて重要である.その産生にはB細胞のみならず自己反応性T細胞が重要で,それらのcognate interactionに関与する共刺激分子の調節により抗核抗体産生を制御できることが動物モデルで示されている.また特定の遺伝子をノックアウトすることで一部の抗核抗体の産生抑制が可能で,生体内における抗核抗体の病因的意義も示されてきた.しかしながらヒト全身性エリテマトーデスにおける数多くの抗核抗体の病因的意義はいまだ明確とはいえない.既存の治療法をこえる強力な病態制御には,疾患標識抗核抗体の産生に関与する分子を特異的なターゲットとし,抗核抗体のみならず自己反応性T細胞やB細胞などを含めた包括的な制御がより効果的であると考えられる.<br>

  Genesis of antinuclear antibodies is one of the most important immunological abnormalities that are closely associated with clinical manifestations, disease activity, and prognosis of systemic autoimmune diseases. Previous reports indicated that autoreactive T cells have critical roles not only in antinuclear antibody production but also in organ damages. Recently, the possible molecules that are involved in the mechanism of antinuclear antibody production have been determined by using lupus-prone mice. Target treatment against the key molecules associated with autoreactive T cells and B cells may be the useful therapeutic strategy for systemic autoimmune diseases along with the suppression of disease-specific antinuclear antibody production.<br>

収録刊行物

  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology  

    日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 29(2), 57-64, 2006-04-30 

    The Japan Society for Clinical Immunology

参考文献:  43件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018171273
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00357971
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09114300
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ