全身性強皮症におけるB細胞異常と自己抗体産生 B cell abnormalities and autoantibody production in systemic sclerosis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐藤 伸一 SATO Shinichi
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科皮膚病態学 Department of Dermatology, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences

抄録

  全身性強皮症(systemic sclerosis ; SSc)では自己抗体の病原性は不明である.CD19はB細胞抗原受容体からのシグナルを増強させ,CD19の過剰発現によって自己抗体産生が誘導される.SSc由来B細胞上ではCD19の発現量は20%増加していた.さらに,SScの動物モデルであるtight-skin (TSK)マウス由来B細胞では,CD19を介するシグナルの増強が認められた.TSKマウスではCD19を欠損させると自己抗体の産生が抑制され,皮膚硬化も減弱し,さらにB細胞からのIL-6産生も抑制された.以上より,自己免疫と皮膚硬化との関連性を説明するモデルを提唱したい.SSc由来B細胞ではCD19発現量が増加していた.その結果,これらのB細胞では末梢トレランスが壊れ,自己抗体の産生を来したものと考えられた.一方,CD19シグナルの増強によってB細胞が慢性的に活性化した結果,B細胞からIL-6をはじめとするサイトカインが産生され,これらが皮膚硬化を惹起すると考えられた.このモデルでは持続的に活性化したB細胞を共通の原因として想定することによって,自己抗体産生と皮膚硬化の誘導を関連づけている.さらに,このモデルはCD19やB細胞がSScの治療の標的となりうる可能性を示している.<br>

  The pathogenetic roles of autoantibodies remain unknown in systemic sclerosis (SSc). CD19, a cell-surface critical signal transduction molecule of B lymphocytes, augments signaling through B cell antigen receptor and CD19 overexpression in mice induces various autoantibody production. Peripheral B cells from SSc patients exhibit 20%-increase in CD19 expression. Furthermore, B cells from a tight-skin (TSK) mouse, a genetic murine model of SSc, show augmented signaling through CD19. The deficiency of CD19 expression in TSK mice results in inhibition of autoantibody production, reduced skin fibrosis, and inhibition of augmented IL-6 production by splenic B cells. Collectively, a new model that could explain the relationship between autoantibody and the development of fibrosis is proposed. CD19 overexpression observed in SSc patients breaks down peripheral tolerance of B cells, which results in autoantibody production. Furthermore, it is also possible that in vivo chronic B cell activation probably due to CD19 overexpression results in the development of fibrosis through production of fibrogenic cytokines, such as IL-6. This model indicates that B cells or CD19 would be potential therapeutic targets in SSc.<br>

収録刊行物

  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology  

    日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 29(2), 73-84, 2006-04-30 

    日本臨床免疫学会

参考文献:  53件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018171360
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00357971
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09114300
  • データ提供元
    CJP書誌  IR  J-STAGE 
ページトップへ