高齢者心不全のCGAと介護 Multidisciplinary approach to elderly patients with congestive heart failure prevents re-admission

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高齢者の医療では若年者と異なり, 医学的な視点に加えてCGA的視点, すなわち精神機能, ADL, 社会的背景などが重要であるといわれている.<br>我々は慢性心不全の高齢者に対し従来の治療に加え, 1) 理学療法士によるADLや運動耐容能改善を目的とした運動療法, 2) 認知機能に合わせた看護師, 薬剤師, 栄養士による生活指導, 3) MSWによる社会資源の活用などを組み合わせ, 心不全増悪による再入院阻止を目的としたチーム医療を行った. これらの介入を行った患者の心不全による再入院, 介入前後の医療コストや入院期間について検討し, 多職種による介入の有用性を調査した.<br>運動療法により, 下肢筋力は増強し, 自覚症や運動耐容能は改善し, 生活範囲も拡大した. また心不全増悪による再入院も有意に阻止できた. さらに介入前に比し, 介入後は心不全による入院期間や総医療コストも改善した.<br>慢性心不全の高齢者にたいしてのCGA的視点からの多職種による介入は, 有用である.

収録刊行物

  • 日本老年医学会雑誌  

    日本老年医学会雑誌 43(2), 179-181, 2006-03-25 

    The Japan Geriatrics Society

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018178940
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199010
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03009173
  • NDL 記事登録ID
    7939607
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-25
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ