林地におけるアカマツ丸太の青変に対する防虫剤と防黴剤の効果 Effectiveness of a fungicide and an insecticide on preventing blue-stain of Japanese red pine (Pinus densiflora) logs in a forest

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

林地で,伐採したアカマッ丸太に対し防カビ剤と防虫剤を用いて青変を防止する効果を検討した。アカマツ青変の端緒として木口面への菌の接触,樹皮下キクイムシの穿孔による菌の接触の2種類が観察されたが,青変拡大の主因は樹皮下の材面におけるキクイムシの穿孔による菌の伝搬であった。木口面からの青変は防カビ剤で菌の生育を抑制し,材面の青変は防虫剤によりキクイムシの穿孔を抑制することでほとんど防止できることが明らかとなった。

Preventive efficacy of a fungicide and an insecticide against blue-stain in akamatsu (Japanese red pine, Pinus densiflora Sieb. et Zucc.) logs was investigated in relation to mechanisms of fungal propagation in a forest. We observed two major routes of fungal invasion in logs-blue-stain. One route is through cross-cut surfaces stuck by fungal spores and the other is through the bark surfaces with fungal spread by bark beetles. The latter is the dominant cause of the logs-blue-stain. The blue-stain through the cross-cut surface was prevented with the fungicide and that through the bark surfaces was prevented with the insecticide.

収録刊行物

  • 木材保存 = Wood preservation  

    木材保存 = Wood preservation 32(4), 151-158, 2006-07-25 

    日本木材保存協会

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018179262
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00240373
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02879255
  • NDL 記事登録ID
    8047868
  • NDL 雑誌分類
    ZP21(科学技術--化学・化学工業--木材)
  • NDL 請求記号
    Z17-745
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ