地下水位の上昇による再滑動型地すべりのFEM解析モデルと杭のFEM再現解析 Finite element analysis of restraint piles and landslide triggered by groundwater

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地下水位上昇により発生する地すべりの滑動と, これに伴い杭に作用する荷重の変化を求めることのできるFEM解析モデルを構築し, ひずみ計を設置して杭の挙動観測を行っている地すべり地において, 杭変形の再現解析を行って本モデルを検証した。その結果, 実際の地すべりにおける杭変形を概ね再現することができた。FEM解析に用いる変形係数は, 杭の最大曲げモーメント発生付近の値を含むすべり面より上部及び下部方向にそれぞれ1/βの区間の孔内水平載荷試験から得られた変形係数の平均値を設定すると, 観測された曲げモーメントの再現性が良いことが示された。

This paper presents study of finite element model for simulating restraining mechanism of piles installed in landslide that is triggered by groundwater. Finite element model was validated by successfully simulating measured deformation of piles in an actual landslide due to rise of groundwater. It was also found that a good agreement between the measured and simulated bending moment can be obtained, by taking average of modulus of deformation of earth measured in the range defined by a distance, 1/β, above and below the slip surface.

収録刊行物

  • 日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides  

    日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides 43(2), 51-59, 2006-07-25 

    The Japan Landslide Society

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018179411
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11837172
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13483986
  • NDL 記事登録ID
    8053791
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-405
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ