カイザー効果を用いた深礎杭工の応力推定の試み An attempt to estimate the stress of caisson pile with Kaiser effect

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

長崎県に位置する鷲尾岳地すべりでは, 対策工として深礎杭工が施工されている。深礎杭には, 施工時に鉄筋ひずみ計が設置され, 深礎杭に生じる応力がモニタリングされてきた。しかしながら, 施工後15年が経過し, 鉄筋ひずみ計が異常値を示すなど, 計測値の信頼性に問題が生じるようになっている。そのため, 鉄筋ひずみ計以外の方法で, 現在深礎杭に生じる応力を推定し, 鉄筋ひずみ計の計測値との比較を行う必要性が生じた。筆者らは, 既設の深礎杭からコンクリートコアを採取し, AE法によるカイザー効果を用いて, 深礎杭工の現在の応力状態を評価した。この結果, 深礎杭に生じる応力および曲げモーメントは, 許容値以内であることを確認した。

In Washiodake landslide located in Nagasaki Prefecture, caisson piles are installed to prevent landslide movement.<br>The stress of reinforcing rod in the caisson piles have been monitored by a strainmeter attached to the rod for 15 years since they were first installed.<br>Recently, the strainmeter began submitting abnormal values due to the long-term usage.<br>Therefore, it is necessary to estimate the stress applied in caisson piles by methods other than reinforcing rod strainmeter.<br>First, precedent compression stress of a concrete core was evaluated using AE method (Kaiser effect). Meanwhile, current present stress state of a caisson pile was evaluated. According to the estimation, the values were within tolerance.

収録刊行物

  • 日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides  

    日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides 43(2), 60-67, 2006-07-25 

    The Japan Landslide Society

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018179433
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11837172
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13483986
  • NDL 記事登録ID
    8053811
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-405
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ