含窒素化合物の超臨界水酸化における分子構造および有機物添加の影響 Effect of Molecular Structure and Organic Additives on Supercritical Water Oxidation of Nitrogenous Compounds

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山田 信吾 YAMADA Shingo
    • 東京農工大学工学部 化学システム工学科 Department of Chemical Engineering, Tokyo University of Agriculture and Technology
    • 高田 誠 TAKADA Makoto
    • 東京農工大学工学部 化学システム工学科 Department of Chemical Engineering, Tokyo University of Agriculture and Technology
    • 細見 正明 HOSOMI Masaaki
    • 東京農工大学工学部 化学システム工学科 Department of Chemical Engineering, Tokyo University of Agriculture and Technology

抄録

超臨界水酸化による含窒素化合物の除去効率に関わる因子を明らかにすることを目的とし,分解対象の含窒素化合物の分子構造および添加剤としての有機化合物が与える影響を調べた.炭酸アンモニウム,尿素,およびホルムアミド系の化合物を用いて含窒素化合物の分子構造の影響を評価した結果,窒素原子に結合する炭素数が多いほど窒素除去率が向上する傾向が認められた.また,反応系にメタノールをはじめとする有機化合物を添加した場合にも同様の傾向が確認された.窒素除去率の向上は,有機物の超臨界水酸化過程で生成するラジカル種とアンモニアおよびその他の含窒素化合物との反応によるものと推定された.

In order to clarify the factor related to the removal efficiency of nitrogenous compounds in supercritical water oxidation, the effects of molecular structure of nitrogenous compounds to be decomposed and organic substances as additives were investigated. The effect of molecular structure of nitrogenous compounds was examined by using ammonium carbonate, urea and formamide derivatives, and it was found that nitrogen removal efficiency tended to increase with the number of carbons bound to the nitrogen atom. A similar tendency was observed when methanol or other organic compound was added to the reaction system. The improvement of nitrogen removal efficiency was thought to be caused by the reaction of nitrogenous compounds with ammonia and radical species produced by the supercritical water oxidation of organic substances.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 32(4), 363-368, 2006-07-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018182982
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    8050482
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ