超音波霧化とオゾン照射を組合せた分解装置の開発 VOC Decomposition by Combination of Ultrasonic Atomization and Ozone Irradiation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

揮発性有機化合物(VOC)分解に対して,超音波霧化とオゾン照射の組合せを考えた.被分解物質としてトリクロロエチレン(TCE)およびジメチルスルフォキシド(DMSO)の水溶液を用い,オゾン含有ガスを流した.TCE水溶液では,ストリッピングが支配的であったが,分解促進への超音波霧化の寄与も認められた.一方,DMSO水溶液では,ストリッピングはほとんど起こらず,気相中での液滴とオゾンの接触が分解を大きく促進した.

VOC decomposition by a combination of ultrasonic atomization and ozone irradiation was examined. Aqueous solutions of trichloroethylene (TCE) and dimethyl sulfoxide (DMSO) were used as samples to be decomposed, and gas containing ozone was sparged into the reactor. For the TCE solution, stripping was dominant, but ultrasonic irradiation was also found to contribute to the decomposition. For the DMSO solution, on the other hand, stripping hardly occurred. The contact between liquid droplets atomized by ultrasound and ozone in the gas phase greatly enhanced the decomposition performance.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 32(4), 369-371, 2006-07-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018183000
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    8050485
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ