液晶不斉反応場を用いた新規不斉重合法 : コレステリック液晶溶媒中でのアキラルモノマーからキラルポリマーの合成 Novel Asymmetric Polymerization Method Using an Asymmetric Liquid Crystal Reaction Field : Synthesis of Chiral Polymers from Achiral Monomers in a Cholesteric Solvent

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

キラルネマチック液晶を反応溶媒としてStille型縮重合反応を行った. 液晶溶媒は反応開始時から終了時までキラルネマチック相を維持した. 得られたポリマーは赤色で蛍光を示した. またポリマーはテトラヒドロフランおよびクロロホルム中で円偏光二色性 (CD), および円偏光発光二色性 (CPL) を示した. また得られたスペクトルは会合型に特徴的な分裂型のスペクトルを示した.

Chiral polymerization of achiral monomers was performed using a cholesteric liquid crystal (LC) as an asymmetric reaction solvent. Successful polymerization was found to depend on careful consideration of monomer solubility and affinity to the cholesteric LC. Polymerization was carried out by Stille polycondensation reaction between the bromine atoms and trimethyltin groups using a Pd(0) catalyst to afford an aromatic conjugated system in the chiral nematic liquid crystal solvent. The polymers produced in this study showed circular dichroism and circularly polarized luminescence. The chirality of the polymers with no chiral substituents derived from the asymmetry produced by the chiral LC field during polymerization.

収録刊行物

  • 高分子論文集  

    高分子論文集 63(7), 445-450, 2006-07-25 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018184848
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    8049469
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ