"腎性低血糖"とも称せられるべき自発性低血糖症の5症例 Five Cases with Spontaneous Hypoglycemia Probably Caused by Impaired Renal Gluconeogenesis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

末期慢性腎不全による維持透析治療中の患者で,2~3日間の絶食後に,血糖値が低血糖域(血糖値50 mg/d<i>l</i>以下)に低下した5症例を経験した.1例を除き血糖降下薬は低血糖発症前2~3日間摂取しておらず,これが原因とは考えられない.また,低血糖発症後4日以内測定の早朝空腹時血中インスリン濃度は異常高値でなく,また,インスリン拮抗ホルモン濃度も低値でなかった.1例のアルコール性肝障害例を除き,本症例の低血糖の要因として,腎での糖新生障害の可能性が推定される.

We report 5 cases with spontaneous hypoglycemia (BS≤50 mg/d<i>l</i>) after 2 to 3-day fasting who were on hemodialysis due to end-stage renal disease. Except for 1 case having 7 U insulin glargine injection 38 hrs prior to a hypoglycemic episode, none had taken any hypoglycemic agents for at least a few days. No case showed abnormally high insulin or low counter regulatory hormone in blood determined in the early morning at latest the 4th day after the episode. Impaired renal gluconeogenesis is most likely a major cause of hypoglycemic episodes except for 1 case with alcohol-induced liver dysfunction.

収録刊行物

  • 糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society  

    糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society 49(6), 423-427, 2006-06-30 

    THE JAPAN DIABETES SOCIETY

参考文献:  33件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018192701
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00166576
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0021437X
  • NDL 記事登録ID
    8027032
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-401
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ