脳炎症状の改善とともに急激な内因性インスリン分泌改善が認められ, 1型か, 2型かの判断が困難であった糖尿病の1例 A Case of Diabetes Whose Intrinsic Insulin Secretion Improved Remarkably As He Recovered from Aseptic Encephalitis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は63歳男性.これまで糖尿病を指摘されたことはなかったが,2004年5月中旬より異常行動がみられるようになり近医に入院.随時血糖317 mg/d<i>l</i>, HbA<sub>1C</sub> 13.5%. 入院後にけいれん発作が出現するようになり脳炎を疑われて,5月21日当科を紹介され入院した.入院直後の随時血糖は300 mg/d<i>l</i>以上,尿中C-ペプチドは5.1~21.9 μg/日,抗GAD抗体1.7 U/m<i>l</i>を示し,インスリン治療を開始した.ウイルス性脳炎と診断し,抗ウイルス薬,γ-グロブリン投与およびステロイドパルス療法を行った.その後中枢神経症状の改善とともにインスリン必要量が減少し,6月24日には完全にインスリンを離脱し,尿中C-ペプチドは233~262 μg/日と著明な改善がみられた.退院時には抗GAD抗体は0.3 U/m<i>l</i>未満まで低下した.短期間に著明な内因性インスリン分泌の改善が得られた興味深い症例であり,文献的考察を加えた.

収録刊行物

  • 糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society  

    糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society 49(6), 435-439, 2006-06-30 

    THE JAPAN DIABETES SOCIETY

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018192756
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00166576
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0021437X
  • NDL 記事登録ID
    8027039
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-401
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ