抗アレルギー剤の併用で脱感作に成功した, 即時型全身インスリンアレルギーの1例 A Case of Successful Treatment of Generalized Allergy to Human Insulin by Desensitization with Anti-allergic Medication

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

49歳の2型糖尿病の男性.2000年にインスリン導入されたが自己中止となり,2001年6月に再開された.10月よりペンフィル<sup>®</sup>Nで掻痒をともなう局所の発赤を認めるようになった.徐々に増悪し,2002年1月に全身掻痒と呼吸苦が出現した.インスリン特異的IgEの上昇を認め,ヒトインスリンとプロタミンのいずれにも有意のアレルギー反応を認めたのでインスリンアレルギーと診断した.皮内テストでは各種インスリン製剤に即時型アレルギー反応を認めた.迅速脱感作が奏効しなかったので抗アレルギー剤を併用したところ,ペンフィル<sup>®</sup>Rとノボリン<sup>®</sup>Uに対する反応が抑制できたので,同療法にて退院となった.以降,皮下注射でアレルギーを認めなかった.2004年に特異的IgEの陰性を確認した上で,抗アレルギー剤を中止した.以後も再燃を認めず,脱感作に成功したと判断した.抗アレルギー剤の併用により脱感作できた稀有な全身インスリンアレルギーの症例である.

収録刊行物

  • 糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society  

    糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society 49(6), 441-444, 2006-06-30 

    THE JAPAN DIABETES SOCIETY

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018192765
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00166576
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0021437X
  • NDL 記事登録ID
    8027041
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-401
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ