テストミール負荷後のインスリン反応と高感度CRPの関連 Relationship between High-sensitivity C-reactive Protein and Plasma Insulin Response after the Ingestion of a Test Meal

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

糖尿病における動脈硬化発症の危険因子とされる食後高血糖,高インスリン血症,高脂血症と,高感度CRP (hs-CRP)との関係を検討するため,耐糖能異常者12例を対象とし75 g糖負荷試験(OGTT)およびテストミール負荷試験(MTT)を行い,負荷前から負荷後180分までの血糖,インスリン,TG, RLP-Cを測定し曲線下面積(AUC)とhs-CRPを比較した.空腹時においてインスリン,HOMA-R, BMIとhs-CRPに有意な相関がみられた.OGTT, MTTのインスリンAUCはhs-CRPと各々有意な相関がみられた.対象者をBMI 25 kg/m<sup>2</sup>で肥満と非肥満に分けて比較すると,インスリン,RLP-C-AUC, hs-CRPは,肥満者で有意に高値を示した.空腹時,負荷後ともに血糖や脂質ではなく,インスリン分泌量がhs-CRPと関係した.また,肥満では空腹時および負荷後インスリン,負荷後RLP-Cが高く,hs-CRPも高値であり動脈硬化のリスクが高いと考えられた.

収録刊行物

  • 糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society  

    糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society 49(6), 451-457, 2006-06-30 

    THE JAPAN DIABETES SOCIETY

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018192796
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00166576
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0021437X
  • NDL 記事登録ID
    8027050
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-401
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ