日本糖尿病協会分会活動と過去30年間における推移 : 2002年度全国アンケート調査より Activities of a Peer Group of the Japan Association for Diabetes Education and Care over the Past 30 Years : A Questionnaire Study Conducted in Japan in 2002

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本糖尿病協会分会(友の会)の実態を把握するべく,1972年から10年間隔で合計4回実施したアンケート調査成績を比較した結果,友の会の数は1972年に比べて2002年は14.6倍の1,476施設と著しく増加した.平均患者会員数は1972年の185名から2002年には64名と減少し,会員数の少ない友の会の増加が目立った.また,過去30年間に実施頻度が低下している会活動も見られ,こうした問題点の解決が今後の日本糖尿病協会の課題として示唆された.

収録刊行物

  • 糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society  

    糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society 49(4), 295-298, 2006-04-30 

    THE JAPAN DIABETES SOCIETY

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018193001
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00166576
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0021437X
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ