ミニ・サム型施設配置モデルを用いた救急医療機関の最適配置の分析 : 北海道の小児急病センターの配置を事例として ANALYSIS OF THE OPTIMUM ALLOCATION OF EMERGENCY CARE INSTITUTIONS BY USING A MODEL OF MINISUM FACILITY LOCATION : Allocation of pediatric emergency centers in Hokkaido

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 谷川 琢海 TANIKAWA Takumi
    • 北海道大学大学院医学研究科社会医療管理学講座医療情報学分野 Department of Medical Informatics, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 小笠原 克彦 OGASAWARA Katsuhiko
    • 北海道大学医学部保健学科医用理工学講座医用情報科学分野 Department of Health Sciences, Hokkaido University School of Medicine
    • 大場 久照 OHBA Hisateru
    • 北海道大学大学院医学研究科社会医療管理学講座医療情報学分野 Department of Medical Informatics, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 櫻井 恒太郎 SAKURAI Tsunetaro
    • 北海道大学大学院医学研究科社会医療管理学講座医療情報学分野 Department of Medical Informatics, Hokkaido University Graduate School of Medicine

抄録

本研究では患者となる小児人口と移動距離を用いて小児急病センター(施設)の適切な数と配置を明らかにすることを目的としてオペレーションズ・リサーチの手法であるミニ・サム型施設配置モデルを適用して分析を行った。北海道を対象地域とし一次医療圏(212市町村)を単位とした場合に患者の居住地から施設までの総移動距離が最小となるような施設の配置場所と各施設が受け持つ圏域を求めた。本研究では小児救急の視点から以下の3項目について分析を行った;(1) 現在の三次医療圏の中心となる市(6カ所)に施設を配置した場合の妥当性,(2) 現在の二次医療圏の中心となる市町(21カ所)に施設を配置した場合の妥当性,(3) 施設の総数を変化させた場合の数と配置の関係。結果より現在の医療圏の設定に基づいた小児救急医療体制の構築は患者の移動負担の観点から妥当でないことが示唆された。この分析結果は今後の医療計画の見直しのための基礎資料として有用であると考えられる。In this study, which was designed to elucidate the optimum number and allocation of pediatric emergency centers (facilities) by using the pediatric patient population and the transfer distance, a model of minisum facility location, a procedure in operations research, was analyzed. The allocation of the facilities, at which the total transfer distance from the patient's dwelling place to the facility would become minimum in the primary medical care range (212 municipalities) in Hokkaido, and the range (area) covered by each facility were determined. The following 3 items were analyzed from the viewpoint of pediatric emergency care in this study: (1) The validity of allocation of facilities in the cities (6 places) as the center of the current tertiary medical care facility range; (2) the validity of allocation of facilities in the cities and towns (21 places) as the center of the current secondary medical care range; and (3) relationship between the number of facilities and their allocation when the total number of facilities is variable. The results suggested that construction of a pediatric emergency care system based on establishment of the current medical care range is not valid from the viewpoint of the load of transfer of patients. The results of the analysis are considered to be useful as basic data for reconsideration of medical care plans in the future.

収録刊行物

  • 病院管理  

    病院管理 43(3), 249-260, 2006-07-01 

    日本病院管理学会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018198138
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00209158
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03869571
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  IR 
ページトップへ