髄膜炎・脳炎

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ウイルス性髄膜炎, 脳炎は内科的緊急疾患である. 稀な疾患ではないので迅速かつ適切な初期対応ができるようになることが望まれる. ウイルス性髄膜炎は予後が良好な疾患であるが, ウイルス性脳炎は死亡率が高く, 重篤な後遺症を残すことが多い. 診断に必要な検査の優先順位を知り, その結果を正しく判定できることが適切な治療法の選択につながる.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 95(7), 1232-1237, 2006-07-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018198453
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    8037977
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ