画像診断からみたびまん性肺疾患

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

HRCTは, びまん性肺疾患の病理像をよく反映した画像を示すことができ, その的確な診断には必須のものとなっている. HRCTの読影にあたっては, 病変の正確な局在と陰影の性状を考慮した鑑別診断に留意する必要がある. 病変の正確な局在は, 二次小葉との位置関係で把握され, 小葉中心性分布, 広義間質分布, ランダム分布などに分類されるが, これらのパターンは, ほぼ気道沿い, リンパ路沿い, 血行散布進展の病変に相当する.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 95(6), 980-985, 2006-06-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018198641
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    7998578
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ