気管支肺胞洗浄液解析の意義

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

びまん性肺疾患の診断は臨床画像病理診断が必要である. HRCT所見により広範な病変の分布と質が評価でき, これに気管支肺胞洗浄液解析の情報を付加することにより, 特異的な因子の検出による診断の確定, 細胞成分の評価による病変の型の評価, 背景因子による基本的な所見を考慮しての鑑別などが可能となってきた. 侵襲が比較的少ない方法でもあり, 鑑別診断のために利用すべき価値のある診断方法である.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 95(6), 993-997, 2006-06-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018198650
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ