低リン血症・高リン血症

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

生体でリンは消化管粘膜での吸収と腎尿細管での再吸収により調節されている. 消化管, 腎ではNa-P共輸送体がリンの取り込みにかかわっており, おもに副甲状腺ホルモン (PTH), ビタミンD, 食餌中リンの影響を受ける. ビタミンDは消化管からのリンの吸収を促進し, PTHは腎でのリンの再吸収を抑制する. 臨床症状としては関連するCa異常が前面に出ることが多い. 糖尿病, 消化管疾患, 低栄養, 腎疾患ではリン代謝異常を念頭においておく必要がある.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 95(5), 840-845, 2006-05-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018198860
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    7907748
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ