内分泌性高血圧症の分類

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 平田 結喜緒
    • 東京医科歯科大学大学院分子内分泌内科学(内分泌・代謝内科)

抄録

本邦での高血圧患者人口は約3,300万人と推定されるが, その原因は依然不明の「本態性高血圧症」が大部分を占める. 原因が明らかにされている2次性高血圧症は約10%と言われているが, 中でもホルモンの分泌異常 (通常過剰分泌) による, いわゆる内分泌性高血圧症は僅か2~3%を占めるにすぎないとされてきた. しかし, 最近内分泌性高血圧症でも副腎性高血圧症の発症頻度が高いことが報告されるようになり注目されている. 内分泌性高血圧症は原因を早期に発見して除去すれば完全に治療できる高血圧であるために, その診断や病態を理解することは重要である. 本稿では, 血圧調節に関わるホルモンおよび内分泌高血圧症の分類を解説する.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 95(4), 616-621, 2006-04-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018199015
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    7938322
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ