高血圧をきたす先天性副腎皮質過形成

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

先天性副腎過形成は常染色体劣性遺伝形式をとる先天性のステロイド合成酵素異常症であり, 障害酵素の種類により5病型存在するが, 高血圧を呈する病型はチトクロームP450c17活性の障害による17α-水酸化酵素欠損症とP450c11の障害による11β-水酸化酵素欠損症のみである. 両病型とも昇圧性ステロイドのミネラルコルチコイドの過剰産生により低レニン性高血圧を呈するが, それぞれの原因遺伝子のCYP17とCYP11B1に種々の変異が同定されている.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 95(4), 657-661, 2006-04-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018199055
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    7938408
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ