ステント留置を工夫しQOLの改善が得られた Schnitzler 転移による直腸狭窄の1例 SUCCESSFUL PLACEMENT OF SELF-EXPANDABLE METALLIC STENT AS PALLIATION FOR RECTAL STENOSIS CAUSED BY SCHNITZLER'S METASTASIS

この論文をさがす

著者

    • 李 栄柱 LEE Shigeru
    • 大阪市立大学大学院消化器外科 Department of Gastroenterological Surgery, Osaka City University, Graduate School of Medicine
    • 大杉 治司 OSUGI Harushi
    • 大阪市立大学大学院消化器外科 Department of Gastroenterological Surgery, Osaka City University, Graduate School of Medicine
    • 竹村 雅至 TAKEMURA Masashi
    • 大阪市立大学大学院消化器外科 Department of Gastroenterological Surgery, Osaka City University, Graduate School of Medicine
    • 西川 隆之 NISHIKAWA Takayuki
    • 大阪市立大学大学院消化器外科 Department of Gastroenterological Surgery, Osaka City University, Graduate School of Medicine
    • 岩崎 洋 IWASAKI Hiroshi
    • 大阪市立大学大学院消化器外科 Department of Gastroenterological Surgery, Osaka City University, Graduate School of Medicine

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association  

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 67(6), 1351-1355, 2006-06-25 

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018199807
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ