下大静脈転移をきたした肝細胞癌の2例 : 転移機序の考察 Two cases of hepatocellular carcinoma with metastasis to the inferior vena cava

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例1:66歳の男性,平成7年9月人間ドックで肝腫瘍を指摘された.精査の結果,C型肝炎およびS2, S6の肝細胞癌,下大静脈腫瘍栓と診断し,平成8年2月手術を施行した.手術所見では,肝腫瘍とは別に肝上部下大静脈壁に孤立性の腫瘍を認め,病理検査の結果,血行性転移によると思われる下大静脈転移と診断した.症例2:73歳の男性,B型肝炎の経過観察中,S4/8に肝細胞癌を認め,平成8年4月手術を施行した.その後肺転移に対して平成10年1月手術を施行した.平成15年10月には右肋骨転移を認め,放射線治療を施行したが奏効せず,残肝再発はみられないが,多発性肺転移と右心房内に腫瘍が認められた.その後肝不全のため死亡され,病理解剖で右心房内の腫瘍は,腫瘍栓の着床,浸潤によると思われる下大静脈転移と診断された.<br>

Case 1: A 66-year-old man was found to have hepatic lesions in medical examination, which were diagnosed as hepatocellular carcinoma (HCC) with tumor thrombus in the inferior vena cava (IVC). He underwent liver resection and extirpation of the tumor in the IVC under total hepatic vascular occlusion, and it was found that the tumor in the IVC was floating with a pedicle attached to the venous wall. The IVC tumor was diagnosed as hematogenous metastasis to the IVC wall on histopathological examination. Case 2: A 73-year-old man underwent liver resection for HCC with underlying chronic hepatitis B. Five years later, bone and multiple lung metastases appeared, accompanied by a mass in the right atrium, which was found to be a metastasis to the IVC wall derived from tumor thrombus at autopsy. We report two cases of HCC with metastasis to the IVC and review the literature.<br>

収録刊行物

  • 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA  

    肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 47(4), 223-228, 2006-04-25 

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018201158
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04514203
  • NDL 記事登録ID
    7932310
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-130
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ