フルオロキノロン耐性 Salmonella Typhimurium が分離された小児下痢症の2症例 Two Cases of Infantile Diarrhea Caused by Fluoroquinolone-resistant Salmonella Typhimurium

この論文をさがす

著者

    • 小倉 健一 OGURA Ken-ichi
    • (財)東京都保健医療公社多摩南部地域病院検査科 Department of Clinical Laboratory, Tama-Nambu Chiiki Hospital
    • 齊藤 冬彦 SAITO Fuyuhiko
    • (財)東京都保健医療公社多摩南部地域病院検査科 Department of Clinical Laboratory, Tama-Nambu Chiiki Hospital
    • 森田 耕司 MORITA Koji
    • 杏林大学保健学部臨床微生物学教室 Department of Microbiology, Kyorin University School of Health Sciences

収録刊行物

  • 日本臨床微生物学雑誌 = The journal of the Japanese Society for Clinical Microbiology  

    日本臨床微生物学雑誌 = The journal of the Japanese Society for Clinical Microbiology 16(2), 96-101, 2006-06-25 

    日本臨床微生物学会

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018201259
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11227229
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09175059
  • NDL 記事登録ID
    8048064
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-B854
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ