女性外来の開設と女性乳腺外科医の需要 A medical Examination and Treatment for a Woman and a Demand of a Woman Surgeon for a Breast Disease

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

女性外来は多くの女性の共感を得て増加傾向を示しているが, 更年期などの不定愁訴を主訴とする患者と羞恥心から女性医師の希望して受診する患者の二つに大別される。外科系の女性医師は羞恥心を持って受診する患者に関れることが多くなかでも乳腺診療は需要が大きい。今後女性医師の増加に伴い女性医療はますます充実すると思われる。

収録刊行物

  • 日本外科系連合学会誌  

    日本外科系連合学会誌 31(2), 123-126, 2006-04-30 

    日本外科系連合学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018201284
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00002502
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03857883
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ