東京慈恵会医科大学における女性外科医師の現状と今後の課題 Current Status and Problems of the Female Surgeons at the Jikei University School of Medicine

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

東京慈恵会医科大学における女性外科医師の割合の変化を調べ, またアンケートにより女性の立場から抱える問題点を検討した。その結果, 近年, わが大学外科における女性外科医師数は増加しており, 専門分野も様々で, 勤務形態上男性との較差は皆無であることがわかった。しかし, 女性であるが故の家事・育児負担は男性よりも多く, サポート体制の充実が望まれる。

収録刊行物

  • 日本外科系連合学会誌

    日本外科系連合学会誌 31(2), 130-132, 2006-04-30

    日本外科系連合学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018201290
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00002502
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03857883
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ