性差医療における女性外科医師の役割とは : 男性医師の診療を拒否した乳癌患者の症例から考える What Should Female Surgeon do, in Needs of Gender Specific Medicine : A Case of Advanced Breast Cancer Patient who Strongly Reject Male Physician

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 坂本 明子 SAKAMOTO Akiko
    • 日本大学医学部外科学講座乳腺内分泌外科部門 Division of Breast and Endocrine Surgery, Department of Surgery Nihon University School of Medicine
    • 天野 定雄 AMANO Sadao
    • 日本大学医学部外科学講座乳腺内分泌外科部門 Division of Breast and Endocrine Surgery, Department of Surgery Nihon University School of Medicine
    • 榎本 克久 ENOMOTO Katsuhisa
    • 日本大学医学部外科学講座乳腺内分泌外科部門 Division of Breast and Endocrine Surgery, Department of Surgery Nihon University School of Medicine
    • 櫻井 健一 SAKURAI Kenichi
    • 日本大学医学部外科学講座乳腺内分泌外科部門 Division of Breast and Endocrine Surgery, Department of Surgery Nihon University School of Medicine
    • 根岸 七雄 NEGISHI Nanao
    • 日本大学医学部外科学講座乳腺内分泌外科部門 Division of Breast and Endocrine Surgery, Department of Surgery Nihon University School of Medicine

抄録

性差医療への要望の波が女性患者サイドより湧き起こり, 受けとめ側たる医師の対応が問われている。性差医療において女性外科医が期待される役割とはいかなるものか。今回高度進行乳癌でありながら, 男性医師の診察を頑なに拒否された一患者症例を提示する。性差医療が要求される背景, 女性外来の問題点, そして女性外科医はニーズをどのように受けとめ役割を果たすべきか論じたいと思う。

収録刊行物

  • 日本外科系連合学会誌  

    日本外科系連合学会誌 31(2), 136-139, 2006-04-30 

    日本外科系連合学会

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018201296
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00002502
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03857883
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ