肝膿瘍・下大静脈血栓を合併したクローン病の1例 A Case of Crohn's Disease Complicated by Liver Abscess and Thrombosis in the Inferior Vena Cava

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 中田 博 NAKADA Hiroshi
    • 埼玉医科大学総合医療センター消化管・一般外科 Department of Digestive Tract and General Surgery, Saitama Medical Center, Saitama Medical School
    • 大澤 智徳 OHSAWA Tomonori
    • 埼玉医科大学総合医療センター消化管・一般外科 Department of Digestive Tract and General Surgery, Saitama Medical Center, Saitama Medical School
    • 横山 勝 YOKOYAMA Masaru
    • 埼玉医科大学総合医療センター消化管・一般外科 Department of Digestive Tract and General Surgery, Saitama Medical Center, Saitama Medical School
    • 石田 秀行 ISHIDA Hideyuki
    • 埼玉医科大学総合医療センター消化管・一般外科 Department of Digestive Tract and General Surgery, Saitama Medical Center, Saitama Medical School

抄録

クローン病に肝膿瘍・下大静脈血栓を合併した稀な1例を経験したので報告する。症例は20歳, 男性。5年前より小腸大腸型クローン病と診断されていた。今回, 小腸-小腸間の瘻孔に対する手術目的で入院した。術前CTで右下腹部に腹腔内膿瘍と, 肝S6-7に大きさ5.3cm×6.0cmの肝膿瘍が疑われた。また, 腎下極の下大静脈に造影されない部位を認めた。クローン病に伴う肝膿瘍・下大静脈血栓と診断した。手術を延期し, 抗菌薬投与とヘパリンによる抗凝固療法を行ったところ, 4週間後のCTで肝膿瘍・腹腔内膿瘍は著明に縮小し, 下大静脈血栓も消失した。開腹所見では, 回腸末端と口側回腸との間に瘻孔形成を認めるのみで, 肝膿瘍や腹腔内膿瘍は確認できなかった。回盲部切除を施行した。術後6カ月経過した現在, 腹痛・発熱の症状を認めていない。

収録刊行物

  • 日本外科系連合学会誌  

    日本外科系連合学会誌 31(2), 198-203, 2006-04-30 

    日本外科系連合学会

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018201439
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00002502
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03857883
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ