回腸原発腺扁平上皮癌の1例 A Case of Primary Adenosquamous Cell Carcinoma of the Ileum

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 坂口 大介 SAKAGUCHI Daisuke
    • 埼玉医科大学総合医療センター消化管・一般外科 Department of Digestive Tract and General Surgery, Saitama Medical University
    • 横山 勝 YOKOYAMA Masaru
    • 埼玉医科大学総合医療センター消化管・一般外科 Department of Digestive Tract and General Surgery, Saitama Medical University
    • 中田 博 NAKADA Hiroshi
    • 埼玉医科大学総合医療センター消化管・一般外科 Department of Digestive Tract and General Surgery, Saitama Medical University
    • 大澤 智徳 OHSAWA Tomonori
    • 埼玉医科大学総合医療センター消化管・一般外科 Department of Digestive Tract and General Surgery, Saitama Medical University
    • 権田 剛 GONDA Tsuyoshi
    • 埼玉医科大学総合医療センター消化管・一般外科 Department of Digestive Tract and General Surgery, Saitama Medical University
    • 石田 秀行 ISHIDA Hideyuki
    • 埼玉医科大学総合医療センター消化管・一般外科 Department of Digestive Tract and General Surgery, Saitama Medical University
    • 糸山 進次 ITOYAMA Shinji
    • 埼玉医科大学総合医療センター病理部 Department of Pathology, Saitama Medical Center, Saitama Medical University

抄録

回腸原発腺扁平上皮癌の稀な1例を経験したので報告する。症例は, 46歳, 男性。右下腹部痛を主訴に近医を受診。腹部超音波・注腸で回盲部付近の腫瘍が疑われたため, 当科紹介受診。大腸内視鏡では, バウヒン弁より約5cm口側の回腸に2/3周性の限局潰瘍型病変を認め, 生検では扁平上皮癌が疑われた。また, 腹部CTでは右腸骨窩に径7cmの造影剤で増強される腫瘍を認めた。腫瘍マーカーでは, CA19-9 (292U/ml) とSCC (5.4ng/ml) が高値を示した。開腹所見では, 回腸腫瘍がS状結腸の一部を巻き込んでおり, 同部を含めた結腸右半切除+S状結腸部分切除を施行した。病理組織学的には腫瘍底部の一部に高分化腺癌を認めたが, 大部分は角化傾向の明らかな扁平上皮癌からなっており, 腺扁平上皮癌と診断した。術後8カ月にCA19-9とSCCの上昇を認め, 術後9カ月目にCTで腹腔内再発と診断した。再発巣を小腸・腹壁とともに切除したところ, CA19-9とSCCは正常化し, 再手術後16カ月の再在, 再発を認めていない。

収録刊行物

  • 日本外科系連合学会誌  

    日本外科系連合学会誌 31(2), 204-208, 2006-04-30 

    日本外科系連合学会

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018201456
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00002502
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03857883
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ