後腹膜脂肪肉腫の1例 A Case Report of Retroperitoneal Liposarcoma

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

今回われわれは, 後腹膜脂肪肉腫の1例を経験した。患者は65歳女性, 肝エキノコックス症にて肝右葉切除を受けた後の定期検査で後腹膜腫瘤を指摘され, 当院に入院した。腹部CTで右腎後方に約11cmの腫瘤を認めた。後腹膜原発の脂肪肉腫を疑い腫瘤摘出術を施行, 病理組織所見よりsclerosing typeのwell differentiated liposarcomaと診断された。脂肪肉腫は組織型によっては予後不良例も報告されているが, 自験例は再発などなく, 現在, 外来通院にて慎重に経過観察中である。

収録刊行物

  • 日本外科系連合学会誌  

    日本外科系連合学会誌 31(2), 245-248, 2006-04-30 

    日本外科系連合学会

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018201604
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00002502
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03857883
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ