重症感染症後に発症した腸腰筋膿瘍の2例 Two Cases of Psoas Abscesses Following Severe Infectious Disease

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例1は62歳の男性。外傷後に弛張熱を認め, 血液・痰・便培養よりMRSAが検出された。その後, 腰痛を来たし, CTにて両側の腸腰筋に膿瘍を認めたため超音波ガイド下穿刺ドレナージ施行した。穿刺液培養にてMRSAが検出された。症例2は54歳の女性。SLEにてステロイド内服中で, 糖尿病, ASOの既往があった。頸椎化膿性脊椎炎を来たし, 手術施行したがその後も発熱持続し, 腰痛を来たしたためCT施行したところ両側腸腰筋膿瘍を認めた。抗生剤投与により発熱・炎症反応は徐々に改善傾向にあったが, 完全には軽快せず, MRIにて膿瘍の増大傾向を示したため右腸腰筋膿瘍に対し, 超音波ガイド下穿刺ドレナージ術を施行した。2例とも穿刺ドレナージ後の炎症反応は改善し, CT・MRIにて膿瘍が消失したことを確認した。

収録刊行物

  • 日本外科系連合学会誌  

    日本外科系連合学会誌 31(2), 253-257, 2006-04-30 

    日本外科系連合学会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018201619
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00002502
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03857883
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ